MF-FJ-Contest-S

新クラウドファンディング・プラットフォームによるビジネス化アイデアのコンテスト開始

報道各位

2015年7月1日

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
株式会社富士通総研
AIZAC株式会社

 

新クラウドファンディング・プラットフォームによるビジネス化アイデアのコンテスト開始

~クラウドファンディングの新しい活用、産学共同研究のビジネス創出~

 

この度、株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:川口 浩幸、以下:富士通SSL)、株式会社富士通総研(本社:東京都港区、代表取締役社長:本庄 滋明)、AIZAC株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:澤邊 雅一)は、革新的な商品開発や事業創出を具体化する新しい仕組み「クラウデッド・イノベーションフィールド」を構築しました。

この仕組みの活用の第一弾として、和歌山大学 天野敏之 准教授が開発した「プロジェクタとカメラを用いた見かけの操作技術」のビジネス化アイデア・コンテストを実施します。実施に先立ちAIZACの運営するクラウドファンディングサイト「MONOFunding(モノファンディング)」上で、アイデアの公募を2015年7月1日より開始いたします。

現在、企業や自治体では、利用者にとって新しい価値を持つ新商品や新サービスをより迅速に創出し提供することが求められています。その一方で、大学や企業の研究室で生み出されても市場への応用がなされないままとなる要素技術が数多くあります。

そこで、産学共同研究によるソリューションビジネス創出を手掛ける富士通SSLと、コンサルティングの富士通総研、および、クラウドファンディングサイトを運営するAIZACの3社は、共同で、このような要素技術のビジネス化アイデアを磨き、社会に役立つスタートアップを世の中に送り出すため、クラウドファンディングの新しい活用形態を組込んだオープンイノベーション実現の仕組み「クラウデッド・イノベーションフィールド」を構築しました。

この仕組みを活用して、今回のコンテストのような大学の要素技術のビジネス化や、地方創生の事業支援などに適用を拡大していく予定です。地方創生の事業支援では、「クラウデッド・イノベーションフィールド」によって、地域固有の課題を解決する事業立案、地場に愛着のある企業の参画による継続的な事業運営をサポートしていく予定です。

 

【 「クラウデッド・イノベーションフィールド」について 】

「クラウデッド・イノベーションフィールド」は、2つのクラウド活動と3つの場をつなぎ、イノベーティブなビジネス創出を支援する事業創出プラットフォームです。 「クラウデッド・イノベーションフィールド」では、事業オーナー、アイデア保有者、技術所有者を、「ひらめき創出」、「市場評価」、「事業検証」の3つの「場」でつなぎ、アイデア面を支援するクラウドソーシング、資金面を支援するクラウドファンディングを活用し、連続的に利用できます。各「場」では、ビジネス企画、市場性・事業性測定・資金調達、ICT適用・システム開発を支援します。

今回の仕組みの特長は、事業創出のプラットフォームとして躍進目覚しいクラウドファンディングをアイデア公募、および審査に活用しているところにあります。元よりクラウドファンディングは、不特定多数からの評価を得るという点において、市場性を測定する事に適したプラットフォームです。この特性を活かし、「ひらめき創出」の場で開催するアイデア・コンテストでは、主催側の評価のみならず、閲覧者からの評価を市場の声として認識し、審査を行います。具体的には、閲覧者からのソーシャルシグナル(Facebookにおける「いいね」、twitterの「ツイート」、コメントなど)の量と質を審査項目の一つとして設定し、主催側の審査と組み合わせ、公平性の高いアイデア・コンテストとして推進します。

 

【 「クラウデッド・イノベーションフィールド」のイメージ 】

 CIPF

  続きを読む

ZuperDAC

極上の音を実現! USB型DAC×ハイエンドイヤホンのキャンペーン開始!!

極上の音を実現! USB型DAC×ハイエンドイヤホンのキャンペーン開始について

AIZAC株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:澤邊 雅一)は自社で運営する事業創出型クラウドファンディングプラットフォーム”MONOFunding”で、Zorloo(香港)とeme audio(日本)のコラボレーションによるハイクオリティな音を実現するサウンドシステムのキャンペーンを開始しました。

本キャンペーンは香港を本拠地とする新進気鋭のサウンドメーカーであるZorloo社が新たに開発したUSB型DAC”ZuperDAC”とeme audio社が開発したハイエンドイヤホンの融合により実現したもので、既に先行している”世界初!アンドロイド端末特化型デジタルイヤホン『Z:ero』”と同じく日本でのプレゼンス向上と先行予約販売をMONOFundingを通じて進めて参ります。

■キャンペーンサイト

http://mono-funding.com/projects/103

続きを読む

ewzustfjxzeyr2voggfo (1)

世界初、Apple公認のデュアル式充電コネクタ『Echo Key』のキャンペーン開始について

20150317055354-features

世界初、Apple公認のデュアル式充電コネクタ『Echo Key』のキャンペーン開始について

AIZAC株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:澤邊 雅一)は自社で運営する事業創出型クラウドファンディングプラットフォーム”MONOFunding”で、世界初、Apple公認のデュアル式充電コネクタ『Echo Key』のキャンペーンを開始します。

本キャンペーンはイギリスを本拠地とするスタートアップベンチャーであるEcho Connect社とのコラボレーションにより実現したもので、同社の代表的なプロダクトの1つである『Echo Key』における日本でのプレゼンス向上と先行予約販売をMONOFundingを通じて進めて参ります。

■キャンペーンサイト

http://mono-funding.com/projects/96

■Echo Keyについて

Echo KeyはAppleのLightningコネクタ、そしてマイクロUSBの双方に対応する唯一のMFI(”Made for iPhone/iPod/iPad”=アップル保証)公認となるAppleライセンス充電コネクタです。近年、仕事やプライベートで複数の端末を使用されている方が多いと思いますが、各端末は充電仕様が異なるため、常に複数の充電ケーブルを持ち歩く事を余儀なくされているのが現状です。そんな煩わしさや面倒臭さから皆さんを解放するために開発されたのがEcho Keyです。

2015年3月には世界的最大級のクラウドファンディングの1つIndiegogoにプロジェクトを掲載し、調達目標の563%となる56,993ドルを集める事に成功、今や各メディアから大注目のプロダクトとなっております。

■MONOFundingについて

事業創出型クラウドファンディングとして2014年9月に誕生して以来、エッジの効いた要素技術や開発者の熱い魂がこもったプロダクトが世界へ羽ばたくための支援を手がけるプラットフォームサービスです。資金調達のみならず、事業化アイデアの募集から、プロジェクトを実現するために必要となるサポーターのリクルーティングまでを手掛けているプラットフォームサービスです。

世界初のDAC+アンプ一体型のデジタルイヤフォン”Z:ero”、MONOFundingでキャンペーン開始!

z:ero

世界初のDAC+アンプ一体型デジタルイヤホン『Z:ero』のキャンペーン開始について

AIZAC株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:澤邊 雅一)は自社で運営する事業創出型クラウドファンディングプラットフォーム”MONOFunding”で、世界初のDAC+アンプ一体型デジタルイヤホン『Z:ero』のキャンペーンを開始します。

本キャンペーンは『Z:ero』開発元のZorloo社(香港)および日本における総代理店であるZorloo Japanとのコラボレーションにより実現したもので、同製品の日本におけるプレゼンス向上と『Z:ero』の進化版プロジェクトの日本での先行予約販売をMONOFundingを通じて進めて参ります。

■キャンペーンサイト

http://mono-funding.com/projects/94

続きを読む

日本市場進出支援サービスの開始について

IMG_4831

プレスリリース

2015年5月1日

AIZAC株式会社

日本市場進出支援サービスの開始について

AIZAC株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:澤邊 雅一)は自社で運営する事業創出型クラウドファンディングプラットフォーム”MONOFunding”および従前より蓄積して参りましたコンサルティングノウハウを活用して、海外モノづくり系企業の日本市場進出支援サービスを本日より開始いたします。

本サービスではMONOFundingを活用した先行予約販売を含む資金調達を通じたプレマーケティング活動をはじめ、そこから得られるデータに基づく市場性の予測、最適なプロモーション施策の企画運営ならびに販路整備までを総合的に支援して参ります。

続きを読む

日本生まれの空飛ぶ車”Sky Drive”の資金調達支援完了!

content_10494398_10152691544118274_6900653520115634704_o

当社が運営する事業創出型クラウドファンディングプラットフォーム”MONOFunding”にて資金ならびにサポーターを募集していた”日本生まれの空飛ぶ車 Sky Drive”プロジェクトが活動資金2,572,000円および12人のサポーターを獲得し日付でキャンペーンを終了しました!日本から世界へ向けて羽ばたこうとしている若手スペシャリスト集団”Cartivator”。MONOFundingでは引き続きサポーターの募集を継続致しますので、是非宜しくお願い致します!

TRAVEL JAPAN Wi-Fiへ協力!

TJW

プレスリリース

2014年12月11日

AIZAC株式会社

TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトへの協力について

AIZAC株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役社長:澤邊 雅一)はKDDIグループの株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス主導で本日付にて発足した「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクト(*1)に協力企業の1社として参画いたします。

本プロジェクトはインバウンドビジネスの活性化を目指す法人および自治体が参画(*2)しており、全国24万カ所の無線LANアクセスポイントへの無償接続機能及び国内の観光情報や施設情報などのレコメンドプッシュ配信機能を実装した訪日外国人向けスマートフォンアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」(英語 / 中国語(繁体) / 中国語(簡体) / 韓国語 / タイ語の5言語対応、2014年12月12日よりGoogle PlayおよびApp Storeにて順次配信開始)をコアとし、訪日外国人観光客の利用状況や移動動線の分析を実施、2015年6月末日までをトライアル期間として各社の施策の効果測定を行います。

当社はこのプロジェクトにおいて、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリケーションの実利用者の方々との接点となるWEBやプロモーション動画の企画・制作およびそれらに付随する業務を支援させて頂くと共に、本プロジェクトのビジネス開発を推進させて頂く役割を担っております。

これらの活動を通じて、パートナー企業各社様と共に訪日外国人旅行者の方々の利便性向上に努めつつ、観光立国、おもてなし大国の具現化に貢献致します。 続きを読む